「医薬品の問題」

 

最近の医療というのはとても進歩していますよね。

風邪をひいたときや、何か病気にかかった時でも、ほとんどの人は病院に行き薬をもらうことが多くあり、少しの期間で治ると思います。

今まで進歩してきた医薬品というのは、今まで問題があったのでしょうか?いったいどのような問題があるのでしょうか?

今回は「医薬品の問題」について紹介していきたいと思います。

医薬品の問題として、グローバル化によって超国家的に薬の売り出しを行っていて、国際化されてない有害反応監視システムが手を打つ前に有害反応や副作用といったものの影響が広がる可能性が高くなっていると言われています。

医薬品の副作用の監視が適切に組織化されていなくて、副作用に関する情報が非公開とされていることも多くあるため、少ない情報における患者からの副作用の報告が容認されないこともあると言われています。今までは処方せん医薬品として決められていた薬なども、一般医薬品になってしまうという傾向もあり、薬の副作用を把握する体制というものがだんだん低くなってきている現状になっています。

 

このように、医薬品というのはだんだん進歩しているように見えていても、副作用などが把握できないという状況がだんだん増え始めているという傾向もみられていて、薬を使用する機会が多い方や、お年寄りの方々にとってとても状況が悪くなっていると思います。なので、こういった状況を改善するためにも少しずつ副作用なども使用する方々にわかるようにするべきではないかと思います。